奈良県、談山神社の紅葉と木造十三重の塔の写真画像集

旅の写真画像集
Photograph Image Collections Of Travel In Japan
談山神社-木造十三重の塔
<<2011年2月2日 2011年2月1日の公開写真画像 2011年1月31日>>



奈良県桜井市 談山神社(だんざんじんじゃ)の木造三重の塔写真画像

2010年11月21日に奈良県桜井市にある談山神社(だんざんじんじゃ)紅葉鑑賞を目的に出かけた時の写真画像です。談山神社のシンボルになる木造の十三重の塔(国指定重要文化財)は日本では談山神社にしかありません。

父・藤原鎌足の供養のために、長男・定慧(じょうえ)と次男・不比等(ふひと)に よって白鳳7年(678年)に建立されました。現存の塔は、享禄5年 (1532年)の再建で、木造十三重塔としては、世界唯一の貴重なものです。

高さは16.17mあり、屋根は伝統的な檜皮葺きです。神仏混淆(こんこう)時代の名残であると同時に、談山神社のシンボル的な存在です。

2011年2月1日公開の写真画像
こちらのページに関連画像と一緒に公開しています。

奈良県桜井市談山神社の写真画像

奈良県-談山神社

2010年11月21日撮影
奈良県桜井市-談山神社の紅葉の写真画像を公開

談山神社の写真画像はこちら



本日 累計 昨日

Copyright (C) 旅の写真画像集 All Rights Reserved.