気ままに写した写真画像集、建物写真や風景写真をお楽しみください 

旅の写真画像集
Photograph Image Collections Of Travel In Japan

旅の写真画像集 > 雑記 > 恐怖!震度5強の地震を体験

2011年7月5日水曜日 恐怖!震度5強の地震を体験

今日、生まれて初めて強い地震を体験しました。
震度5強、マグニチュード5.4
過去に体験した最大震度は、平成7年(1995年)1月17日におきた阪神大震災で
私のいた所では震度3だった。

仕事から帰った私は息子と海岸の方へウォーキングをしていました。
海岸に付く頃には夕日も海に沈み、空が綺麗な夕焼けに染まっていたので
防波堤近くで波音を聞きながら、夕焼けを眺めていました。

汗が冷えてきそうだったので、ウォーキング再開の為に立ち上がった瞬間
ゴォ----と、凄い音が聞こえました。
地鳴りの音が今までに聞いたことが無い異常に大きな音だった。
今まで体験したことが無い大きな地震が来る!? と、予感ができた。

予感している時に大きな揺れが来ました。
来た!!! 激しい横揺れ
電柱、電線が異常に揺れていた。
地面が横揺れし、視点の焦点があわない
息子が恐怖のため、私の足にしがみつく。
頭では、最近おきた東日本大震災時に見た映像の記憶がよみがえり
揺れている間、電柱の倒壊や液状化がおこるのでは? そうなったら、どうしようと不安だった。

激しい揺れがおこってから、約15秒くらいで警報が町中に響きました。
「強い揺れがありました、津波の恐れがあります。急いで高台に避難してください。」
凄い、こんに早く警報(放送)がなるんだ!!!
関心しながら、本気で津波(死)の恐怖も感じていた。

揺れが収まった直後から、家々から車に乗って高台へ避難する人を見る。
まず、家族の安否確認と今後の行動を連絡をしてから、息子と避難をすることに!
地震後、少しでも時間がたつと携帯電話が繋がらなくなると聞いていたが、直後なら繋がり安心でき良かった。
避難を始めたが、想像以上に移動に時間がかかり、東日本大震災時の津波の映像が頭をグルグル回るばかりで、背後から来ているかもしれない津波への不安が大きくなっていた。

高台への道に入った所で
1台の車が止まり「乗るか?」と、言っていただきました。
今まで、避難する車(人)は凄いスピードで横を走るばかりだったので
この優しい言葉には本当に感動し、涙がでそうになった。

後ろを振り返ると海が見え、まだ津波は来ていなかった事と
ウォーキングで汗でベトベト状態、服がかなり汗で濡れていた事もあって
「まだ津波来てないようですし、高台もすぐそこだから、このまま歩きます(^^)」と、
今思えば、せっかくのご好意を踏みにじるような言葉を言ってしまったことに、
日記を書きながら自己嫌悪になった。

高台に避難したときに、震度4の余震もあったが
役場の放送で「津波の心配はありません」と、聞き
ようやく落ち着くことができた。
周りを見れば、避難している人が10人くらいいた。
避難している人たちは口々に
 「こんなの初めてや」
 「安心できんぞ、東北の地震も後で大きいのが来たからな」
避難している方たちの不安な気持ちがうかがえた。

その後も震度1だろうか、ゴォォと地鳴りが何度か聞いたが
大きな揺れは無くおさまったようだった。
今回はたまたま無事にすんだだけだ。

四国、近畿、東海で太平洋側の地域に住む人達にとって
いつ発生してもおかしくない東南海沖地震への不安はあると思います。
想像以上の津波や被害がある事を想定した準備を
今、動ける時に準備をしなければいけません。

今回の地震では避難訓練なんかでは味わえない
恐怖を体験でき、本当によかったと思った。


(6/25)<<和歌山県湯浅町北町散策 プチお出かけ・コスモスパークなど>>(8/14)

本日 累計 昨日

Copyright (C) 旅の写真画像集 All Rights Reserved.