気ままに写した写真画像集、建物写真や風景写真をお楽しみください 

旅の写真画像集
Photograph Image Collections Of Travel In Japan

旅の写真画像集 > 雑記 > 和歌山県湯浅町北町散策

2011年6月25日土曜日 和歌山県湯浅町北町散策

和歌山県湯浅町は日本を代表する味でもある醤油の発祥の地です。
今では国の重要伝統的建造物郡保存地区に指定されています。
湯浅町の中でも北町は、古き建物が多く立ち並び
昔から受け継がれている醤油作りが残っている貴重な地区になります。

場所 : 〒643−0071 和歌山県有田郡湯浅町

世界遺産登録された『紀伊山地と参詣道』の熊野古道は湯浅町を通っています。
湯浅町は、かつて蟻の熊野詣の宿場町としてにぎわっていたそうです。

通りを歩いていると、醤油屋さんの倉庫に人力車に乗った運搬用醤油樽を発見。
そして、醤油の香りに気がつき、香りのするほうへ歩いていくと・・・

  

醤油の香りの強いところに、手作り醤油角長(かどちょう)があった。
古い建物で中では、醤油の味見や購入ができます。

角長の近くに、小さな民具博物館があり入りました。
中に入ると、受付に女性がいて博物館内や醤油について説明をして下さいました。
しかし、この女性がよくしゃべる。
博物館に入ってから、博物館をでるまでずっと、湯浅弁で醤油の事をしゃべり続けました(^^;
本音を言うと最初はゆっくり拝見したい気持ちがあったけど、話を聞いているうちに「へぇ〜」と興味沸く話もあり楽しい時間をすごす事ができました。
ただ、エアコンの利きが悪く、夏場は汗かきの方はハンカチよりもタオル持参をお勧めします。

小さな民具博物館(入館無料
1階 醤油作りで使っていた道具の展示
2階 角長の醤油作り紹介映像の鑑賞、角長の歴史。

 

民具博物館をでると、湯浅町北町ボランティアの語りべさんの紹介で
「近くに昔の銭湯を見れるよ」と、教えていただき向かうことにしました。

銭湯に向かう途中に伝統地区だけあって
歴史を感じる格子のある家屋が立ち並んでいました。

小さな民具博物館から徒歩約5分で
江戸時代創業の銭湯『甚風呂』に到着

 

ここも無料でボランティアの語りべさんが説明をしてくれます。
座って入るお風呂と立って入るお風呂が併設しています。
立ち湯の底には男湯と女湯をつなぐトンネルがありました。

 

甚風呂の母屋(おもや)は民具資料館として一般公開されていいるので
こちらも無料で見ることができました。
湯浅町北町ではお土産物以外は無料ばかりで、家計に優しい観光地です。

 

こちらの民具はご年配の方にとって、とても懐かしい物がたくさんあったようで
観光でこられていたご年配の方達が、懐かしそうに昔を振り返り、当時の話をされていました。

今回、2時間半かけて湯浅町北町をはじめて歩きました。
漆喰(しっくい)や焼き杉板を使った家屋などの風情ある建物が多く、のんびりウォーキングができ楽しめた。
無料で観光できる所が多く、ボランティアの方が道案内や説明をしてくれる事も良かった。
まだまだ見れていない通りもあり日を改めて再度観光したいと思う。
北町以外にも、少し離れた通りでは熊野古道であったり、昔に鍛冶屋が集まっていた鍛冶屋通りもある。

これからも後世に残したい町の一つと思ったが、残念なことに海抜が低く
もしも、東南海地震で津波が発生すると町のほとんどが壊滅すると言われている。
それまでに、たくさんの写真を撮り画像だけでも残しておきたいものである。


(6/4)<<濱口梧陵記念館 恐怖!震度5強の地震を体験>>(7/5)

本日 累計 昨日

Copyright (C) 旅の写真画像集 All Rights Reserved.