気ままに写した写真画像集、建物写真や風景写真をお楽しみください 

旅の写真画像集
Photograph Image Collections Of Travel In Japan

旅の写真画像集 > 雑記 > 旅記録 『和歌山県南半周2』

2011年3月6日日曜日 旅記録 『和歌山県南半周2』

AM4:50 出発
 那智の滝
 大門坂
 ぶつぶつ川(日本一短い川)
 紀伊大島
  日米修交記念館
  海金剛(うみこんごう)
  トルコ記念館
  樫野崎灯台
PM6:00 帰宅

2月26日と同じく
和歌山県の南半周をぶらり旅〜w
今回の旅の道連れは長男、長女。

和歌山県 那智の滝

那智の滝
先日の2月26日に撮影をした親子の記念写真を誤って削除してしまった為
再度、撮影をした。
近い日に二度目という事もあり、若干憂鬱気分だったが
この日の光(太陽光)は丁度良く、先日よりも綺麗に撮れ3人で感動した。

和歌山県 那大門坂

大門坂
本当は全行程を歩く予定だったが、娘の体調を考え前半の一部だけ歩いた。
実は那智の滝には何度も足を運んだ経験があるが、大門坂の存在を知ったのは昨年だった。
歩いてみて、石段や石畳のすばらしさに熊野信仰の篤さ(あつさ)を感じた。

和歌山県 ぶつぶつ川

ぶつぶつ川
偶然見つけた、日本で一番短い2級河川。
今日、道中親子三人で日本で一番長い川は〜? 短い川は〜?と、話をしていた。
綺麗な海岸も写真撮影しようと立ち寄ったところに偶然あった。
場所も知らなかったし、道中話していたこともあり三人で感動した。

「はっさく」と「バンベイユ」和歌山県 大島住民

大島
大島での事を書くと長くなる。
それほど感動をした。
新しい発見、出会った人たちが良い旅を印象付けた事は間違いない。
めずらしいミカンのバンベイユ、八朔(はっさく)と並べてると大きさの違いがわかる。

色鮮やかなタイル

トルコの人がトルコ独特の食器や織物を販売するお店があった。
それらのカラフルな柄には日本人には無い色のセンスがとても新鮮だった。
そのお店を管理しているトルコの人の笑顔がとても良く印象的だった。
しかし、大きい
私が小人のような存在になるほど彼は大きかった。
身長だけでなく顔や手など全てのパーツが規格外(言いすぎかな^^;)

大きい人に対しては大和魂が燃える(?)私は
相撲で挑戦!
私の顔より大きな手ではり手を受けると、一発で気持ちよくなれそうだ。
だが、果敢に挑戦する姿を子供たちに見せたく頑張ってみせる。
そして子供たちは感動する。

和歌山県 トルコ人の店

そういった妄想をしながら
一言 言ってやった。
「アイスクリーム二つ(すばらしい笑顔で)」
トルコの人は私よりすばらしい笑顔で
「ありがとう」と返した。
笑顔は完敗だった。

和歌山県 トルコ人の店

アイスクリームだが
トルコで有名な伸びるアイスだ
それがここ大島でトルコ人が作った本場の物を食べることができる。
1本 大人400円、子供300円
妙に子供料金が気になった。

トルコの人の話題で長くなりましたが
大島では約3時間も観光をした。
かかった時間が良い観光だった事を意味している。
また、観光にきたい気持ち
また、トルコアイスを食べたい気持ち
今度は相撲をしたい気持ち
そんな思いにさせられた大島だった。


(3/4)<<写真撮影の旅計画 驚く家族! ホームページに何枚の写真画像?>>(3/21)

本日 累計 昨日

Copyright (C) 旅の写真画像集 All Rights Reserved.